当ブログにお越しいただきまことにありがとうございます。

2018年7月15日にありがとうサービス夢スタジアム(夢スタ)で行われたヴィアティン三重との一戦。

結果は2-2の引き分けとなりました。

では試合内容を少しと順位などを紹介します。

FC今治 vs ヴィアティン三重の試合結果

FC今治対ヴィアティン三重

試合開始わずか3分に好調の飯泉涼矢選手が先制ゴールを決めます。
一進一退の前半が終了。
若干押されていたかも。ヴィアティン三重の前半の攻撃は怖かった。

後半は終始相手ペース。

そんな中、後半17分に桑島良汰選手が右コーナーキックからつないだボールを決めて追加点。

この時点で勝利を確信しましたが、一部で不安の声が。

「サッカーの2-0は怖い!」
「まさか日本対ベルギー戦の時みたいに・・・」

という声が囁かれました。

「いや、まさかそれはないだろう。」

安心仕切っていました。

しかしたくさんの人の悪い予感的中。

後半43分に相手の強烈ロングシュート、そしてロスタイムにセットプレーからゴールを奪われ同点に追いつかれました。

セカンドステージ第2節終了時点での順位表

セカンドステージ順位表

順位 チーム名 勝点 試合
勝利 引分 敗戦 得失
点差
得点 失点
1 Honda FC 6 2 2 0 0 +5 5 0
2 ヴァンラーレ八戸 6 2 2 0 0 +3 3 0
3 ソニー仙台FC 6 2 2 0 0 +4 5 1
4 ホンダロックSC 4 2 1 1 0 +2 5 3
5 FC今治 4 2 1 1 0 +2 4 2
6 ヴィアティン三重 4 2 1 1 0 +1 4 3
7 テゲバジャーロ宮崎 4 2 1 1 0 +1 4 3
8 MIOびわこ滋賀 4 2 1 1 0 +1 3 2
9 ラインメール青森 2 2 0 2 0 0 4 4
10 奈良クラブ 1 2 0 1 1 0 1 2
11 東京武蔵野シティFC 1 2 0 1 1 -1 0 1
12 FCマルヤス岡崎 1 2 0 1 1 -2 1 3
13 FC大阪 0 2 0 0 2 -2 3 5
14 コバルトーレ女川 0 2 0 0 2 -3 0 3
15 流経大ドラゴンズ龍ケ崎 0 2 0 0 2 -5 1 6
16 ヴェルスパ大分 0 2 0 0 2 -5 0 5

通算順位表

順位 チーム名 勝点 試合
勝利 引分 敗戦 得失
点差
得点 失点
1 Honda FC 44 17 14 2 1 +30 47 17
2 FC大阪 34 17 11 1 5 +13 35 22
3 ヴァンラーレ八戸 31 17 9 4 4 +12 26 14
4 ソニー仙台FC 30 17 9 3 5 +16 35 19
5 FC今治 26 17 7 5 5 +14 32 18
6 東京武蔵野シティFC 26 17 7 5 5 +2 21 19
7 奈良クラブ 26 17 8 2 7 +1 23 22
8 ラインメール青森 24 17 6 6 5 0 22 22
9 ヴィアティン三重 24 17 6 6 5 -1 22 23
10 MIOびわこ滋賀 23 17 6 5 6 -1 19 20
11 ホンダロックSC 21 17 5 6 6 -10 18 28
12 ヴェルスパ大分 15 17 4 3 10 -16 13 29
13 コバルトーレ女川 15 17 4 3 10 -22 9 31
14 FCマルヤス岡崎 14 17 3 5 9 -11 22 33
15 テゲバジャーロ宮崎 13 17 4 1 12 -15 24 39
16 流経大ドラゴンズ龍ケ崎 11 17 2 5 10 -12 9 21

FC今治はJ3へ昇格できるか

「負けに等しい引き分け」という声が多く出ています。

しかし今までのような「横パスばかりで前に攻めない」スタイルから前に攻める戦術に変更しています。

おそらく多くの人がJ3への昇格は厳しいと考えているはず。

個人的には今後、ミラクルなことが起こるような気がします。
年間通算勝ち点26の5位につけています。
4位のソニー仙台FCとの勝ち点は30。
勝ち点差は「4」に開いてしまいました。

しかしまだわかりません。
期待しています。(守備は不安)

問題は相手に研究されればまた得点が入らない、「ただ前に蹴っているだけ」のサッカーーになる可能性もあります。

攻撃にいくつかバリエーションがあればいいんですけど。

ヴィアティン三重戦の感想

 

ビアティン三重の応援はすごく暑かった。
近くに行って撮影したかったです。

遠いところからお越しいただきありがとうございました。
お疲れ様でした。

まとめ

奈良クラブ

次節は夢スタで奈良クラブとの対戦です。
奈良クラブはファーストステージで優勝したHondaFCに唯一、土をつけたチーム。

2戦終えて勝ち点1とスタートダッシュに失敗しましたが、要注意です。
眠れる獅子を起こさずに叩いておきたい相手です。

最後までご覧いただきありがとうございました。