当ブログにお越しいただきまことにありがとうございます。

週に約1回のペースで年に50回ほどの開催されているスポーツくじ「BIG」。
totoBIGなんて呼ばれ方をしていた時期もありましたね。

自分も先日久しぶりに購入してみました。

結果は・・・

スポーツくじ BIG

そんなトトビッグの当たる確率について紹介したいと思います。

まずはClub totoへ入会

スポーツくじ。BIGとは

BIGとは最高6億円(キャリーオーバーなし時は3億円)が当たるサッカーくじ。

トトビッグの特徴は購入すると、指定された”今後開催されるサッカーの試合”の結果を自動的にコンピューターが予想する。(勝ち、引き分け、負け)

完全運任せのサッカーくじなんですよ。

的中本数に応じて当選金額が支払われます。
購入場所は宝くじ売り場。
ネットだとtotoclubやネット銀行、楽天totoでも購入可能です。

現在クジの種類は、金額や当たりやすさが違う4種類のビッグが販売されています。

  • 最大6億円があたる『BIG』
  • 1口100円で最大2億円『100円BIG』
  • 1等理論値が1000万円の『BIG1000』
  • 1等理論値が100万円の『BIG100』

それではBIGの種類と確率について紹介していきます。

BIGくじ4種類の確率、期待値

キャリーオーバーの仕組み

それでは先に紹介をしたBIGくじ4種類、すべての確率や期待値を紹介します。
その前にキャリーオーバーの仕組みについて簡単に説明します。

これらBIGくじすべて還元率は同じ50%。

すべてのBIGの当選金合計は販売金額合計の半分までなんです。
たとえばBIG100の売上金額が10億円あったとしたら5億円が配当金。
その場合1等の金額へは(売上金額5億×76%)=3億8千万が分配されます。

1等金額はBIG100なら上限1億円。
当せん者の人数により以下のように1等の金額は変わっていきます。
(1等が出なければその金額は持ち越し)

・1等が1人も出ない

⇒3億8千万円がキャリーオーバー

・1等が1人の場合

⇒1人に1億円 2億8千万円がキャリーオーバー

・1等が2人の場合

⇒2人に1億円 1億8千万円がキャリーオーバー

・1等が3人の場合

⇒3人に1億円 8千万円がキャリーオーバー

・1等が4人の場合

⇒1人に9千5百万円 キャリーオーバーはなし

・・・・・

後はもう減っていくだけ。だから売上は多い方がいいんです。

また売上が少なければ1等が1人でも1億円貰えないこともあります。

BIGの当選確率

BIGの期待値は150円で1等確率は0.000021%(約478万分の1)

BIGは300円で購入可能。
1等金額は通常3億円でキャリーオーバー時が6億円。
年に数度ある記念開催のときにはそれが10億円になることも。

1クジ当たりの期待値は150円。

期待値とは「300円で購入したTOTOBIGが150円戻ってくるという期待が持てますよ」という意味。

1等・・2億円~6億円(平均360,000,000円)
2等・・195万~340万(平均2,470,000円)
3等・・3.8万~4.2万 (平均40,000円)
4等・・9千~1万 (平均9,800円)
5等・・1,700~1,900(平均1,800円)
6等・・540~570 (平均555円)

ちなみに販売元である、日本スポーツ振興センターによると6億円がよくでた購入曜日は1位が土曜日、続いて金曜日。
天気はくもり。
年代は30.40代が他の世代に比べて非常に多いそうです。

100円BIGの当選確率

100円BIGの期待値は50円で1等確率は0.000021%(約478万分の1)

100円BIGはその名の通り100円で購入可能。
しかし1等の金額は通常で1億円、キャリーオーバーすれば2億円になります。
BIGがそのまま1/3になったような感じのスポーツくじです。

BIGにはあった6等(5試合はずし)はなし。

1クジ当たりの期待値は50円

1等・・4千7百万~2億(平均96,550,000円)
2等・・71万~82万(平均770,000円)
3等・・2.3万~2.7万 (平均25,000円)
4等・・3,150~3,300 (平均3,200円)
5等・・870~890(平均888円)

1等が当たる確率はBIGと同じ。
つまり約480万分の1と非常に低いのでキャリーオーバーも発生します。

100円で2億円の当選の可能性もありわけです。

BIG1000の当選確率

BIG1000の期待値は100円で1等確率は0.00056%(約17万7千分の1)

BIG1000はBIGシリーズでは中間料金の200円で購入可能。
1000の意味は1等の金額が1,000万というわけではありません。
だいたいそれくらいが目安(理論値)という意味。

対象試合数がBIGと比べ3試合少ない。だから27倍当たりやすいのが特徴。

1クジ当たりの期待値は100円

1等・・560万~2,800万(平均14,280,000円)
2等・・11万~13万(平均120,000円)
3等・・1.1万~1.2万 (平均12,000円)
4等・・1,320~1,360 (平均1,336円)

3つ外しの4等まで。
また実はこのクジ、1等金額にかなりブレがあります。
当たる確率が高いのでキャリーオーバーはほとんどないが、今までの1等の最高金額は71,801,160円。

BIG1000とはいいながらも夢にあふれています。

miniBIGの当選確率

miniBIGの期待値は100円で1等確率は0.0051%(19,683分の1)

miniBIGもBIG1000と同じで200円で購入可能。
1等約100万円と表示はされているがこれもあくまで目安(理論値)という意味。

対象試合数は9試合のみ。
それでも1等は2万分の1(約0.005%)と果てしなく遠い。

1クジ当たりの期待値は100円

1等・・75万~112万(平均990,000円)
2等・・2万~2.2万(平均21,000円)
3等・・3,940~4,120(平均4,040円)

2つ外しの3等まで。
このクジはBIG1000ほど夢がなく1等当選の最高金額は1,795,346円。
おもしろいのは3等の分配比率が2等より高いところ。

当たれば最低4,000円近い金額になる。miniな幸せ。

当選確率を上げる方法は試合中止のある節を狙う

当選確率を上げる方法は試合中止があれば確率は上がります。

Q134. くじの指定試合が中止になった場合、くじ結果はどのようになりますか?

天候の悪化その他やむを得ない事由により試合が開始される前に中止となった場合については、BIG、100円BIG、BIG1000、mini BIG、toto、mini totoの場合、「1」「0」「2」のいずれに投票されていても的中扱いとなります。 また、totoGOAL3及びtotoGOAL2の場合、「0」「1」「2」「3」のいずれに投票されていても的中扱いとなります。

なお、試合が開始された後に中止となった場合については、試合の主催者が決定する当該試合の取扱いを受けて、くじ結果を発表します。

(totoオフィシャルサイトより)

当選確率をあげることのできるテクニックを紹介する。実はtotoBIG、自分で予想をするtotoも同じだが、天候不順などで試合が中止の場合はその試合の予想はすべて当選扱いとなる。

代替の試合は組み込まれません。

通常1位の確率が約480万分の1と低いBIGが1試合中止になるだけで3倍確率は上がるんです!

BIGの還元率50%は変わりません。

1等の本数が多いと当選金額が下がる可能性もあります。
しかしBIGにはキャリーオーバーがあります。

1等が複数人出ても6億円貰えることは普通にあり得る

  • 天候不順になりそうな試合がありそう
  • キャリーオーバーがある

こう言ったときはやっぱりねらい目です。

還元率は同じだから、期待値はすべて購入金額の半分。

Club toto

まとめ

トトビッグ ハズレ券

たまに購入するBIG。
対象試合14試合で大体は良くて7試合しか当たりません。
コンピューターの策略ではないのかといつも思ってしまいますが、コンピューターがランダムで「1」「2」「0」を選ぶんですね。

BIGの当選確率が480万分の一ということは先ほど紹介しました。
480万分のスポーツくじを購入するには1口300円で15億円文を購入すれば当たる可能性がグッと高くなります。
(当たらない可能性もあります)

BIGminiでは2万分の一なので200万円費やせば当たるかも。

どちらも大損になりますね。

FC今治は2018年現在、JFLに所属しています。
totoの対象試合には入っていません。

スポーツくじの対象試合に入るためには最低でもJ2に所属しなければなりません。
あと何年かかるかわかりませんが、totoの対象試合になる時が来るのを楽しみにしています。

最後になりますが、実は宝くじの還元率は法律で決まっていて、50%を超えることがあってはならないそうです。

ぜひスポーツくじBIGを購入してみてくださいね。

toto オフィシャルサイト