2019年3月2日(土)、ノエビアスタジアム神戸で行われたヴィッセル神戸対サガン鳥栖。
ヴィッセルにいるイニエスタ選手、ポドルスキー選手、そして新加入のビジャ選手。
そしてサガン鳥栖にはトーレス選手が出場。

イニエスタ ポドルスキー トーレス

彼らを生で見れるということもあり、大勢のサッカーファンが詰めかけました。

そしてもう一つ、ヴィッセル神戸のホームゲームである斬新な取り組みが行われました。

この試合のスタジアムでは、Jリーグのスタジアムでは初の完全キャッシュレス化が行われたんです。

ユニフォームやタオルマフラーなどのグッズや、スタジアムグルメ(スタグル)の購入など、すべてが現金以外の販売となったんです。

キャッシュレスをキーワードに記事にしていきます。

試合内容の記事はこちらからお願いします。

ヴィッセル神戸 vs サガン鳥栖 2019年3月2日 観戦記 マッチレビュー 写真と動画付き

ノエビアスタジアム神戸のキャッシュレス化の仕組み

スタグル

 

スタジアム内は楽天Edyーか楽天ペイ、もしくは楽天カードをはじめとするクレジットカードしか使用できません。

利用できるキャッシュレス決済は以下の通り。

  • 楽天ペイ(アプリ決済)
  • 楽天Edy
  • クレジットカード
    (楽天カード)
    (masterCard)
    (Americanexpress)
    (VISA)
    (JCB)

上記以外では「楽天銀行デビットカード」やその他のデビットカード、楽天銀行プリペードカードが利用できます。

スタジアムで何か購入する場合、現金は使えません。

キャッシュレス決済の方法・使い方

キャッシュレス決済

クレジットカードを持っていない人や、お得にスタジアム内で買い物をしたい人のために使い方とお得な情報を紹介します。

楽天ペイ

楽天ペイ

まず楽天ペイ。

楽天ペイ(楽天pay)とは100億円還元で話題になったpaypayに代表されるQRコード決済のこと。
楽天ペイの他に、LINEペイやAMazon payなどたくさんあります。

ありすぎてわからないです。

QRコード決済に楽天ペイが使用されるのはメインスポンサーが「楽天」だから。

楽天ペイ

使用するための準備は以下の通り。

  1. 「楽天ペイ」アプリをインストール。(上記のQRコードからインストールできます)
  2. 楽天ペイアプリを開き、楽天会員ログインをします。
  3. 楽天ペイアプリで使用するクレジットカードを選択し、登録します。

使い方は簡単。

楽天ペイアプリで店頭のQRコードを読み取り、自分で支払い金額を入力し支払います。
これで完了。

楽天クレジットを登録しておくと楽天スーパーポイントがたまりやすいです。

楽天ペイで支払うと200円ごとに1ポイントたまります。
楽天カードを登録していると100円ごとに1ポイントたまります。

200円ごとに3ポイント貯まるというお得ぶり。

スタジアム内で楽天ペイで支払うと以下の商品が割引になります。

  • スタジアム内のビールが100円OFF
  • ソフトドリンク100円OFF
  • グッズの購入は金額の10%ポイントバック

スタジアムでは楽天ペイでの支払いが、一番お得なんです。

楽天Edy

楽天Edy

スタジアム内ではヴィッセル神戸オリジナルEdyカード、キーホルダーが販売されています。

この日はヴィッセル神戸Edyカードが来場者プレゼントとして配られていました。

ヴィッセル神戸楽天Edyカード

また小学生から中学生までEdyカードが無料プレゼントされているようですね。

楽天は電子マネー。

チャージする必要があります。

  • チャージする方法は
  • コンビニエンスストア
  • セブン銀行

昔はsony製のVAIOノートからチャージできましたが、今でもできるのでしょうか?

スタジアム内でもチャージすることができます。

Edyチャージ

エディーをチャージする機械が設置されていました。

Edyチャージ機

使い方は購入の際に

「Edyで」

と店員にいうと、金額などの情報を入力した後

「Edyをかざしてください」

と言ってくれるので端末にかざします。

これで支払い完了。

キャッシュレス決済を持っていない人のために

電子マネーやQRコード決済ができない人のためにEdyカードのレンタルがあるようです。

スタジアム内に設置されている楽天キャッシュレスデスクに問い合わせると貸し出してくれるそうです。

デポジット金額300円かかります。(返却時に300円返金)

チケット購入方法

ヴィッセル神戸 ウェブサイト

スマートフォンで購入したチケットはQRコードが発行されました。

このQRコードをスマホでスクリーンショットを撮っておきました。

QRコード

これをノエビアスタジアム内の発券機にかざしてチケットを発行。

チケット

これもキャッスレスの一環でしょうか?(ペーパーレス?)

キャッシュレス化のメリットとデメリットについて

スタジアムグルメ

メリット

キャッスレス化のメリットは小銭を持ち歩く必要がなくなること。

楽天キャッスレス決済なので楽天ポイントがたまります。

また楽天ペイを使用するとノエビアスタジアム内で割引になる商品もあるんです。

楽天ペイを利用するためのスマートフォンを持っていない人でも、楽天Edyがあります。
楽天Edyなら子供も持つこともできるんです。

現金によるお金のやり取りが一切ないのでお釣りの間違いがなくなりますね。

お店も売り上げをいちいち数える必要がないので便利。

また待ち時間の短縮にもつながります。

デメリット

年配の人や電子カードやQRコード決済に慣れていない人は不便に感じるかもしれません。

ITな人間なので、とくにデメリットを感じません。

サッカースタジアムキャッシュレス化はメリットしかありません。

実際にキャッシュレス化のスタグルなどのホームゲームを利用した感想

キャッシュレス決済機能を持っていない人を想定して、Edyカードを来場プレゼントやレンタルにしていました。

また子供はEdyカード無料プレゼントということ。

非常にいいなと思いましたね。

スタジアム内は「完全キャッシュレス化」「現金使えません」の看板を持ったスタッフが大勢。

スタグルの行列に並んでいるお客さんに

「現金使えませんよ」

「楽天ペイかEdyカード持っていますか?」

との声かけ。

楽天Edyの残高もその場で確認できる機会を持ち歩いていました。
気になった人は金額を確認していましたね。

あれだけ親切に声かけされたら、やっと自分の番が来た時に「現金使えないの?」というクレームがあるはずがありませんね。

キャッシュレス化を徹底していました。

久々にEdyを使いましたが、スタグルの購入もスムーズ。

とても納得。
とても満足でした。

まとめ

ノエビアスタジアム神戸

ヴィッセル神戸2019年シーズンホーム開幕戦、試合内容ばかりに目がいっていますが、Jリーグヴィッセル神戸ホームスタジアム「ノエビアスタジアム神戸」の斬新な取り組みは本当に素晴らしかったです。

これが一般化すればサッカースタジアムがもっと便利になるでしょうね。

他のチームも早く取り入れて欲しいですね。

試合の内容や写真・動画の記事ははこちらから。