ありがとうサービス.夢スタジアム

2018年3月11日日曜日JFL開幕戦FC今治対大分の試合を見に行ってきました。

場所は愛媛県今治市、イオン今治新都市近くのスタジアム「ありがとうサービス夢スタジアム」

収容人数5,000人のスタジアムに開幕戦4600人。

スタジアムは超満員で盛り上がりました。

そして結果はご存知の方も多いと思いますが今治は4対1と逆転勝ちしました。
今治はJFLリーグ戦、幸先の良い頭を切ることができました。
J3の昇格を目指して好発進となりました。

前半戦

サッカースタジアム

前半戦今治はボールを支配し号線に出ます。攻めまくります。
いくつか惜しい場面がありましたがゴールすることができず。

守備面はと言うとほとんど危ない場面がありませんでした。
今治がボールを支配していたと言うこともあり、(ポゼッション)今治ゴール今治陣内に詰め込む回数はほんの数回で危ない場面はほとんどありませんでした。

後半戦

後半一気に試合が動きます。
前半から構成だった今治。
しかし先に得点を取ったのは大分。
大分の選手がペナルティーエリア内で倒されPKとなってしまいます。
数少ないチャンスをものにした大分が先制します。

ヴェルスパ大分のPK
ヴェルスパ大分のゴール

 

ボールポゼッションが高くても得点しなければ勝てません。それがサッカーです。
まぁサッカーではよくあるパターンですね。

このままズルズル行くかと思ったのですが、今治がすぐに同点に戻します。

FC今治同点の瞬間
喜ぶ選手たち

その後今治は得点を重ね、4対1で逆転勝利を収めました。

桑島良太選手がボール1アシストの大活躍となりました。

総評

FC今治桑島良汰選手追加点

今治はボールをつないでじっくり攻めていくと言う日本のスタイルをそのまま踏襲したようなサッカーでした。

日本では王道サッカーですね。

今後の注目はJFL上位を争うチームと同じような試合運びができるかです。

まとめ

へたっぴな文章で申し訳ないですがとりあえず書きたかったので書きました。

この試合がJ3昇格への最初の勝利とのちに言われるようになる試合だと信じています。

JFLファーストステージ第2節 ヴィアティン三重戦の試合結果はこちらから