当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。

2018年9月2日(日)にFC今治のホームスタジアム「ありがとうサービス夢スタジアム」でJFLの門番、目下2016年からJFL2連覇中のHondaFCとの試合に挑みました。

試合前からのサポーターの頑張りや、ホリエモンこと堀江貴文さんが夢スタジアムに来られるということで今まで以上に盛り上がりました。

試合結果や順位表なついても書いていきます。

前日のビラ配り

FC今治対HondaFC チラシ

このチラシ配りに多くの人が参加したそうです。

2018年7月22日に夢スタジアムで行われた奈良クラブ戦の来場者数は2,006人。

4,000人以上入ったのは開幕戦のみ。

それ以降は右肩下がりでマルヤス岡崎戦の敗北で2,000人を切ることも予想されていました。

そんな中行われたビラ配り大作戦が功を奏したのか、2,921人。
入場者数3,000人には届かなかったものの、まずまずの入りでした。

チラシ配りをされたサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。

ホリエモンこと 堀江貴文さんが夢スタに来場

堀江貴文

Jリーグのアドバイザーを務める堀江貴文さんが夢スタに来場。

スタグルやゲームイベントなどを岡田武史オーナーと一緒に回っていました。

個人的にはナマの寺田有希さんを見ることができてとても感動しています。

寺田有希

ホンモノめっちゃかわいい。

堀江貴文さんの本を持参してサインを貰えばよかったと後悔。

¥1,420 (2019/09/16 20:10:02時点 Amazon調べ-詳細)

サッカーを見ていたのかどうかわかりませんが、夢スタおすすめのピクニックシートで焼肉を楽しんでいたみたいです。

ゴール裏席の上のピクニックシート席

HondaFCの試合結果

FC今治 ゴールを奪われる

試合結果は1-4の完敗。

多くの方がツイッターでつぶやいていますが、FC今治との力の差は歴然。

ここで内容は書きません。

スタッツがすべてを物語っています。

後半 前半 合計 合計 前半 後半
1 0 1 得点 4 1 3
2 4 6 シュート 26 14 12
8 7 15 GK 8 4 4
1 1 2 CK 4 4 0
11 7 18 ファウル 13 5 8
7 5 12 直接FK 14 6 8
1 0 1 間接FK 4 1 3
2 0 2 オフサイド 1 0 1
0 0 0 PK 0 0 0
0 0 0 警告 0 0 0
0 0 0 退場 0 0 0

シュート数はHondaFC26本に対しFC今治はわずか6本。
ゴールキック数も倍違います。

後半からHnodaFCは力を抜いていたように見えました。

それでも後半だけで3得点。

強かったです。

第5節終了時点の順位

セカンドステージ順位表

順位 チーム名 勝点 試合
勝利 引分 敗戦 得失
点差
得点 失点
1 Honda FC 18 6 6 0 0 +11 13 2
2 ソニー仙台FC 15 6 5 0 1 +11 17 6
3 テゲバジャーロ宮崎 14 6 4 2 0 +4 10 6
4 ヴァンラーレ八戸 13 6 4 1 1 +7 9 2
5 MIOびわこ滋賀 10 5 3 1 1 +2 7 5
6 ヴェルスパ大分 10 6 3 1 2 0 7 7
7 FC今治 8 6 2 2 2 -1 6 7
8 東京武蔵野シティFC 7 6 2 1 3 +4 10 6
9 FCマルヤス岡崎 7 6 2 1 3 -2 5 7
10 ヴィアティン三重 7 6 2 1 3 -3 11 14
11 ホンダロックSC 6 6 1 3 2 -1 6 7
12 ラインメール青森 5 5 1 2 2 -6 7 13
13 FC大阪 4 6 1 1 4 -5 6 11
14 流経大ドラゴンズ龍ケ崎 3 4 1 0 3 -4 3 7
15 奈良クラブ 2 6 0 2 4 -4 2 6
16 コバルトーレ女川 0 6 0 0 6 -13 3 16

年間総合順位表

順位 チーム名 勝点 試合
勝利 引分 敗戦 得失
点差
得点 失点
1 Honda FC 56 21 18 2 1 +36 55 19
2 ソニー仙台FC 39 21 12 3 6 +23 47 24
3 ヴァンラーレ八戸 38 21 11 5 5 +16 32 16
4 FC大阪 38 21 12 2 7 +10 38 28
5 東京武蔵野シティFC 32 21 9 5 7 +7 31 24
6 FC今治 30 21 8 6 7 +11 34 23
7 MIOびわこ滋賀 29 20 8 5 7 0 23 23
8 奈良クラブ 27 21 8 3 10 -2 24 26
9 ヴィアティン三重 27 21 7 6 8 -5 29 34
10 ラインメール青森 27 20 7 6 7 -6 25 31
11 ヴェルスパ大分 25 21 7 4 10 -11 20 31
12 テゲバジャーロ宮崎 23 21 7 2 12 -12 30 42
13 ホンダロックSC 23 21 5 8 8 -13 19 32
14 FCマルヤス岡崎 20 21 5 5 11 -11 26 37
15 コバルトーレ女川 15 21 4 3 14 -32 12 44
16 流経大ドラゴンズ龍ケ崎 14 19 3 5 11 -11 11 22

年間総合成績で4位との勝ち点差が5から8に広がってしまいました。
順位も東京武蔵野シティFCに抜かれ6位に転落。

まとめ

HondaFCサポーター

 

数字の上ではまだJ3へ昇格する可能性は残っています。

しかし下位のチームへの勝ち星を取りこぼしたり、上位チームには歯が立たない状態。

残り試合を全勝という可能性はないに等しいです。

J3への夢は残念ながらなくなったと考えてもいいでしょう。

J3昇格するためには1試合1試合の勝ち点の積み重ね。
それができていない今のFC今治がJ3へ上がるにはやはりまだ早いということですね。

残り試合をどのように戦っていくか?来年につながる試合をできるかどうかを見ていきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。