当ブログにお越しいただきまことにありがとうございます。

2018年6月10日にありがとうサービス.夢スタジアム、通称「夢スタ」で行われた日本フットボールリーグファーストステージ第12節、対MIOびわこ滋賀戦。

午前中からどんよりとした天気。
なんとか試合終了まで天気がもってくれるのではないか?と期待していました。

試合前半終了間際から東南アジアのスコールのような雨が一気に降ってきました。
ポンチョを着て応援しましたが、足元ずぶ濡れ、水濡れが原因の故障を恐れカメラ撮影もほとんどできませんでした。

少ない写真の中から試合の様子と結果、今後の展望について書いていきます。

MIOびわこ滋賀戦の試合結果

FC今治対MIOびわこ滋賀

前半のシュート数はFC今治が4、MIOびわこ滋賀が1本。
お互いにゴールを決めることができずこう着状態で前半を終えます。

後半最初からFC今治は西埜植選手に代えて中野圭選手、金子選手に代えて有間潤選手を投入。
後半のシュート数はFC今治が7本、MIOびわこ滋賀のシュート数が6本と互角。

後半28分に片井選手と交代した桑島良汰選手が左サイドからのドリブルでゴール前にセンタリング、桑島良汰選手がが合わせゴール!

これが決勝点となり今治が1-0で勝利。

FC今治は前節Honda FCに敗れて心配しました。
ホーム2連勝となりました。

MIOびわこ滋賀は3連敗。

前半はさておき、雨の影響もありどちらが勝ってもおかしくない試合内容でした。

愛媛新聞のスポーツ欄の「FC今治」評

愛媛新聞には以下のような見出しが!

愛媛新聞朝刊2018年6月10日付

前節Honda FC戦でファーストステージ優勝の望みは無くなりました。
JFLでステージ制が導入されてからの最低優勝勝ち点が「34」。
勝ち点20台での優勝は難しいというか現在ではちょっと・・・

計算上は数字的には可能ですが、現実不可能なのにこういう書き方をするとは・・・

ちょっと気になってしまいました。

JFLファーストステージは前節Honda FC戦で優勝の可能性がなくなった訳ですが、まだ戦いは続いています。
J3へ昇格するための目標、JFLの年間順位4位以内を目指す戦いに切り替わっています。
また2018年7月7日から始まるJFLセカンドステージにはいい状態、雰囲気で入って欲しいです。
そのために残り試合はなんとか4連勝で終わって欲しいという思いでした。

Honda FC戦後、勝利で飾ってくれました。

残り3試合も勝利で勝ち点を積み上げてもらいたいです。

JFLファーストステージ第12節終了後の順位表

順位チーム名勝点試合数勝利引分敗戦得失点差得点失点
1Honda FC2912921+213413
2FC大阪2712903+112615
3ソニー仙台FC2112633+132512
4ヴァンラーレ八戸2112633+91910
5FC今治2012624+132512
6ラインメール青森1912543+11312
7東京武蔵野シティFC1812534-11415
8奈良クラブ1812606-41519
9MIOびわこ滋賀1512435-21113
10ヴィアティン三重1512435-41519
11ホンダロックSC1512435-101121
12コバルトーレ女川1412426-12921
13ヴェルスパ大分1312417-91019
14流経大ドラゴンズ龍ケ崎1012246-6410
15FCマルヤス岡崎912237-91928
16テゲバジャーロ宮崎6122010-131629

下は残り全勝すれば勝ち点が何点になるかを表した「持ち点表」です。

[
順位チーム名勝点(持ち点)試合数勝利引分敗戦得失点差得点失点
1Honda FC3812921+213413
2FC大阪3612903+112615
3ソニー仙台FC3012633+132512
4ヴァンラーレ八戸3012633+91910
5FC今治2912624+132512
6ラインメール青森2812543+11312
7東京武蔵野シティFC2712534-11415
8奈良クラブ2712606-41519
9MIOびわこ滋賀2412435-21113
10ヴィアティン三重2412435-41519
11ホンダロックSC2412435-101121
12コバルトーレ女川2312426-12921
13ヴェルスパ大分2212417-91019
14流経大ドラゴンズ龍ケ崎1912246-6410
15FCマルヤス岡崎1812237-91928
16テゲバジャーロ宮崎15122010-131629

まとめ

FC今治の昨年の年間順位は勝ち点48の6位。

昨年の成績を上回るためにはファーストステージで勝ち点25以上を取ってもらいですね。
次節は来週6月17日にアウェイ宮崎県でホンダロックSC戦です。
ファーストステージ夢スタ最後の試合6月24日のラインメール青森戦に弾みをつけるためにもぜひ「勝ち」が必要です!
ラインメール青森はJ3を目指すライバルチームの一つ。

2019年にJ3で戦うために負けられない試合が続きます!

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。