2018年サッカーJリーグも終盤。
J2は全日程が終了。
J1、J3はすでに優勝チームが決定しています。
J1ではACL(アジアチャンピオンズリーグ)出場権獲得争い、そして昇格争いが激しくなってきました。

Jリーグ降格争いについて紹介したいと思います。

Jリーグ 下のカテゴリーへの降格条件

メインスタンド

 

J1からJ2への降格条件は最下位の18位と17位の下位2チームが自動降格。
16位のチームがJ2の3〜6位のプレーオフを勝ち上がってきたチームと、ホーム&アウェーで入れ替え戦を行います。

J2は下位2チームが自動降格。

J3には降格のルールがありません。

そしてJ3の下のカテゴリー、FC今治の所属するアマチュアのトップリーグ「JFL 」では下位2チームが自動降格する仕組みになっています。

J1降格ルール

J2降格ルール

J3降格ルール

降格しなくてもよい「残留」できる条件

サッカースタジアム

各カテゴリーでは降格圏内にいても降格を免れる方法があります。
方法ではなく仕組みなんですけどね。

所属するリーグより上のカテゴリーのライセンスを持たないチームが昇格圏内の順位でリーグ戦を終えた場合、上のカテゴリーの降格圏内にいるチームは降格しません。

Jリーグクラブライセンスについて

昨年はブラウブリッツ秋田がJ2ライセンスを持っていなかったためJ2へ昇格できませんでした。

それに合わせてJ2の21位で降格圏にいたロアッソ熊本は降格をまぬがれました。
22位の最下位になったザスパクサツ群馬だけJ2からJ3へ降格となりました。

2017シーズンJ3を優勝したブラウブリッツ秋田が昇格できなかった理由

J1 2018年シーズン 降格争い

Jリーグ理念

残り2試合、最下位V.ファーレン長崎の勝ち点は29でJ1からJ2への降格が確定しています。

自動降格に当たる17位の柏レイソルの勝ち点33。
入れ替え戦の16位に名古屋グランパスが勝ち点37。

順位 チーム 勝ち点 試合数 勝ち 分け 得点 失点 得失点差
11 横浜F・マリノス 41 32 12 5 15 54 52 2
12 ヴィッセル神戸 41 32 11 8 13 39 47 -8
13 ジュビロ磐田 41 32 10 11 11 34 44 -10
14 湘南ベルマーレ 37 32 9 10 13 34 40 -6
15 サガン鳥栖 37 32 9 10 13 27 33 -6
16 名古屋グランパス 37 32 11 4 7 48 56 -8
17 柏レイソル 33 32 10 3 19 40 52 -12
18 V.ファーレン長崎 29 32 8 5 19 34 53 -19

16位から11位までの勝ち点差はわずか4。

J1ライセンスを持たないJ2の町田ゼルビアが4位で全日程を終了。
町田ゼルビアはJ1ライセンスを保有していません。
仮に優勝しても昇格できません。
J1の16位のチームはJ2への降格がなくなります。
自動残留になるんです。

J1の下位チームは町田ゼルビアが2位以内に入ってくれることを願っていたはず。

J1の下位チームにとって他力本願は叶わなかいませんでした。
2チーム、ないし3チームがJ1からJ2へ降格します。

J2の3〜6で争われるプレーオフ

J1クラブライセンスについて

J2 2018年シーズン 降格チーム

野球の球場

最下位がカマタマーレ讃岐の勝ち点31。
21位のロアッソ熊本の勝ち点34。

降格県外の20位FC岐阜の勝ち点は42でした。

もしJ2ライセンス保有しないチーム「アスルクラロ沼津」が2位になればロアッソ熊本はJ3への降格を免れる可能性があります。

J2クラブライセンスを取得したFC琉球がすでに優勝を決めています。
鹿児島ユナイテッドFCが昇格圏内の2位。
鹿児島ユナイテッドFCJ2ライセンスを保有しています。

J2クラブライセンスについて

J3 2018年シーズン 降格争い

降格

先ほども書きましたが、J3からJFLへの降格はありません。

J3の降格について

チーム数が充実すればいずれ降格のルールができるでしょう。

JFL最終順位3位のヴァンラーレ八戸が2019年シーズン、J3へ昇格します。

JFLからJ3への昇格・残留・降格について

2019年シーズンJ3は18チームでリーグ戦が行われます。

Jリーグ降格勝ち点予想

合格ライン

過去のデータをもとにJリーグ各カテゴリーの降格勝ち点予想の記事はこちらから

降格の勝ち点予想

まとめ

予想

今回は降格に焦点を当てました。
大体の降格勝ち点は各年の降格チームの勝ち点を見れば想像がつきます。

クラブチーム、サポーターにとって降格は大変ツラいことですが、上に上がるために何が必要かを考えて上に上がってもらいたいですね。