当ブログをご覧いただきまことにありがとうございます。

当ブログはFC今治を応援するサイトです。

しかしFC今治と関係がない記事も若干混じっているかもしれません。(じゃっかん??)
サッカーのことにつてい書いていけばそのうちFC今治につながってくるかもしれません。

く、苦し紛れと言わないでください(^_^;)

FC今治を応援するまではサッカー好きというのは遠い記憶の彼方に忘れ去られていました。

そんな管理人がドイツ「ブンデスリーガ」のことについて書いた理由が少しはわかってもらえるかと思います。

ドイツブンデスリーガの数字やアルファベットの略字の正式名称とは?

ドイツ ブンデスリーガ 1995-1996シーズン

ドイツブンデスリーガ1995-1996シーズンは22年、23年前になります。

現在香川真司選手が所属するボルシアドルトムントが2年連続5回目の優勝を飾ります。

翌年、1996-1997シーズンにボルシアドルトムントはヨーロッパチャンピオンズリーグでイタリアの強豪クラブ「ユベントス」を破り始めてヨーロッパチャンピオンの栄冠を手に入れることになります。

そして勝ち点が「2」から「3」に変更された年でもあります。

若い人は知っているかな??
昔は勝利すると勝ち点が「2」だったんですよ。

「ドーハの悲劇」が起こった時の1993年W杯アジア最終予選でも勝ち点は今の「3」ではなく「2」だったんです。

サッカーをしていたおじさん世代なら知ってる人も多いはず。

昔はゴールキーパーにパスしてもゴールキーパーは手でボールをさわれたんですよ。
「バックパス」制度。

今の若い人たちが知っているかな?

とかなり話が逸れてしまいましたが、ドイツブンデスリーガ、1996-1997シーズンに奇妙なことが起こったんですよ。

ブンデスリーガの下位3チームの「KFCユルディンげん05」「アイントラハト・フランクフルト」「1.FCカイザースラウテルン」が降格することになりました。

しかし、降格したにもかかわらずドイツカップ「DFBポカール」に優勝したチームがあるんです。

1.FCカイザースラウテルン。

ヨーロッパのカップ戦「UEFAカップウィナーズカップ」

外国人サッカー選手

ヨーロッパでは国内カップ戦優勝クラブチームは翌年のシーズンにヨーローパのカップ戦優勝チームのみで争う「UEFAカップウィナーズカップ」への出場権を得ることができます。

翌シーズンの1996-1997、降格チームとしてUEFAカップウィナーズカップに出場した1.FCカイザースラウテルンは一回戦で1990-91シーズンにヨーロッパチャンピオンズカップで優勝したベオグラード・レッドスターと対戦し、一回戦で破れています。

のちにUEFAカップウィナーズカップとUEFAカップが統合し、現在はヨーロッパリーグ(EL)と名称を変えています。

まぁ、とにかく2部のチームがヨーロッパのカップ戦に出場した数少ない例ではないでしょうか?

1.FCカイザースラウテルン 躍進の1997-1998シーズン

サッカーの試合

ヨーロッパ、ドイツブンデスリーガで2部から上がったカイザースラウテルンが昇格一年目でブンデスリーガ制覇、優勝というとんでもないことが起こってしまいました。

昇格から優勝したチームとして有名になりました。(もしかしたらフィオレンティーナの方が有名かもしれません。)
優勝チームには後にドイツ代表を背負って立つミヒャエル・バラック、ユーロ2004でギリシャを初優勝に導いたオットー・レハーゲル監督が指揮していました。

NHKのテレビ番組「わが心の旅」で奥寺康彦氏が思い出の地を訪ねる旅でドイツを訪れた際、ゆかりのある人物がオットー・レーハーゲル。

彼は奥寺康彦陽氏の師にあたります。

ウニオンベルリンでプレーしていた奥寺氏をヴェーダーブレーメンに誘ったのがオットーレハーゲル氏。

不思議な縁があるものだなとその時は思いました。

オットーレハーゲル氏はいずれ日本代表監督になるものだろうと思っていましたが、残念ながらそういう事はありませんでしたね(^_^;)

まとめ ドイツでの戦利品

多くの写真を撮影しましたが、今は残っていません。
いや、探したらもしかしたら・・・

今手元に残っているのは・・・

1.FCカイザースラウテルン レプリカユニフォーム

あれから月日が流れてしまいました。

なんか感慨深い。

2000年代始めにサッカーをテーマにしたサイト(ブログ)を立ち上げたいと考えていましたが、当時のウェブサイト立ち上げは非常に敷居の高い作業でした。
なので途中で挫折してしまいました(T_T)

今は様々なツールを使えば比較的簡単にこのようなサイトを作成することができます。
20年来の目標というか夢が一つ叶ったような感じです。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

当ブログを訪問された際には気に入っていただけるように日々精進していきます。
この記事もFC今治ネタといつか繋がるはずです。(苦し紛れ^^;)