ドンドジジョンと芝っち広場

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

10年前の2008年に閉店した今治市常盤町の「今治大丸」。
その今治大丸跡地に2018年7月、大型広告ビョジョンが設置されました。

その大型ビジョンを使って日本フットボールリーグ第7節ヴァンラーレ八戸対FC今治のパブリックビューイング(PV)が行われました。

FC今治の試合結果、順位表と合わせて紹介していきます。

ドンドビジョンと芝っち広場

ドンドビジョン

今治市の商店街のドンドビ交差点横にできたドンドビジョンと芝っち広場を少し紹介します。

ドンドビジョン

ドンドビジョン

とても大きな広告ビジョンの大きさは横6.4m×縦3.84mのLEDの293型だそうです。

デカイ!!

一般企業や個人でも動画広告を放送できるそうです。

通常プランは1ヶ月20,000円(税抜)から利用できるそうです。

芝っち広場

ドンドジジョンと芝っち広場

4,500平方メートルの広さの多目的広場。
全面に芝生が植えられています。

以前の芝生は水はけが悪く水たまりができていたそうですが、かなり改善されたとのこと。

フリーマーケットや商品の展示会・販売会、レクリエーションなどを想定しているそうです。

芝っち広場は30,000円(税別)から利用できるそうです。

詳しくはドンドビジョンのホームページをご覧ください。

2018年7月29日のオープン時にFC大阪対FC今治のパプリックビューイングが予定されていました。
しかし残念ながら台風20号の影響で中止になりました。

今回のFC今治のアウェイ戦、対ヴァンラーレ八戸がはじめてのパブリックビューイングです。

場所はこちら↓

アウェイのヴァンラーレ八戸戦の試合結果

ドンドビジョンのパブリックビューイングの様子

結果は0-1でFC今治の敗戦。

FC今治はヴァンラーレ八戸のホームシタジアムダイハツスタジアム、通称「ダイスタ」で対戦。
ヴァンラーレ八戸が前半のコーナーキックからのヘデングシュートで得点。

これが決勝点となってしまいました。

第5節のマルヤス岡崎FC戦から3連敗。

FC今治は後半フリーキックやヘデングシュートなどでゴールバーに当たるシュートを放ちましたが、得点ならず。

ゴールポストやゴールバーに当たるのは惜しくないというサポーターの厳しいつぶやきもありました。
(個人的にはまったく同意見です)

JFL第7節終了時点の順位表

第7節終了時点での順位表は以下の通り。

セカンドステージ順位表

順位 チーム名 勝点 試合
勝利 引分 敗戦 得失
点差
得点 失点
1 Honda FC 21 7 7 0 0 +13 16 3
2 ヴァンラーレ八戸 16 7 5 1 1 +8 10 2
3 ソニー仙台FC 15 7 5 0 2 +9 18 9
4 テゲバジャーロ宮崎 15 7 4 3 0 +4 10 6
5 ヴェルスパ大分 13 7 4 1 2 +1 9 8
6 MIOびわこ滋賀 11 6 3 2 1 +2 7 5
7 東京武蔵野シティFC 10 7 3 1 3 +5 12 7
8 ヴィアティン三重 10 7 3 1 3 0 15 15
9 FCマルヤス岡崎 10 7 3 1 3 -1 6 7
10 FC今治 8 7 2 2 3 -2 6 8
11 ホンダロックSC 6 7 1 3 3 -4 7 11
12 奈良クラブ 5 7 1 2 4 -3 3 6
13 ラインメール青森 5 6 1 2 3 -7 8 15
14 FC大阪 4 7 1 1 5 -6 7 13
15 流経大ドラゴンズ龍ケ崎 3 5 1 0 4 -5 3 8
16 コバルトーレ女川 0 7 0 0 7 -14 3 17

セカンドステージのFC今治の順位は10位。
7試合終えて勝ち点8なので当然の順位ですね。

年間通算順位表

順位 チーム名 勝点 試合
勝利 引分 敗戦 得失
点差
得点 失点
1 Honda FC 59 22 19 2 1 +38 58 20
2 ヴァンラーレ八戸 41 22 12 5 5 +17 33 16
3 ソニー仙台FC 39 22 12 3 7 +21 48 27
4 FC大阪 38 22 12 2 8 +9 39 30
5 東京武蔵野シティFC 35 22 10 5 7 +8 33 25
6 FC今治 30 22 8 6 8 +10 34 24
7 MIOびわこ滋賀 30 21 8 6 7 0 23 23
8 奈良クラブ 30 22 9 3 10 -1 25 26
9 ヴィアティン三重 30 22 8 6 8 -2 33 35
10 ヴェルスパ大分 28 22 8 4 10 -10 22 32
11 ラインメール青森 27 21 7 6 8 -7 26 33
12 テゲバジャーロ宮崎 24 22 7 3 12 -12 30 42
13 FCマルヤス岡崎 23 22 6 5 11 -10 27 37
14 ホンダロックSC 23 22 5 8 9 -16 20 36
15 コバルトーレ女川 15 22 4 3 15 -33 12 45
16 流経大ドラゴンズ龍ケ崎 14 20 3 5 12 -12 11 23

年間通算順位は前節と変わらず勝ち点30の6位。
しかし同じ勝ち点30でMIOびわこ滋賀、奈良クラブ、ヴィアティン三重と並ばれてしまいました。

4位までの勝ち点差は8。

初パプリックビューイングの様子

ドンドビジョン PV

PV当日は残念ながら雨模様。

水はけが良くなったと言っても雨がひどく結構水がまたっていました。

訪れたサポーター、ファンは70〜80人くらい?

晴れればもっと人が集まったかもしれません。
残念です。

まとめ

ドンドビジョン

FC今治3連敗でJ3への道が険しくなってきました。

対するヴァンラーレ八戸は年間通算勝ち点んが41。
J3へ向かって壁に両手がかかった感じがします。

来週FC今治はホームの夢スタデソニー仙台FCと戦います。

来場者数が気になるところですが、来週はスタジアムで応援したいと思います。

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。