当ブログをご覧いただきまことにありがとうございます。

若干FC今治と関係がない管理人のちょっとした思い出を書き綴らせていただきます。
なんとかFC今治とつなげたいと思います。

降格チームでカップ戦優勝チーム、昇格チームでリーグ戦優勝チーム

1.FCK

1.FCカイザースラウテルンは現在ブンデスリーガ2部に所属するドイツのクラブチームです。

2017-2018シーズンは2部にで目下最下位。

このままではブンデスリーガ3部に相当するレギオナルリーガに降格しそうです。
決まったかな?

ドイツ連邦共和国のラインラント−プファルツ州に属する都市。

人口は現在10万人くらい、ドイツでは大都会ではないですがまあまあの都市になると思います。

ちなみに2017-2018ブンデスリーガ6連覇のバイエルンミュンヘンのホームタウン、ミュンヘンは100万人都市、ドイツの首都ベルリンは300万人都市です。
(あまり調べずに書きました。間違いがあるようなら訂正します。すみません(^_^;))

2部に降格したにもかかわらずドイツカップ優勝、昇格からいきなりブンデスリーガ優勝チームとは? 1.FCKaiserslautern

ドイツを代表する選手や監督も在籍

フリッツ・ヴァルター・スタディオン

1956年スイスワールドカップの優勝メンバー フリッツ・ヴァルター

1.FCカイザースラウテルンはドイツブンデスリーガの名門。
リーグ戦優勝4回、DFBポカール(ドイツカップ)優勝2回しています。

そしてこのチームにフリッツ・ヴァルターという往年の名選手が在籍していました。
1956年ワールドカップスイス大会でドイツがワールドカップ初優勝した時の優勝メンバーの一人。

「マジック・ジャマール」と呼ばれた当時最強の呼び声高いハンガリーを破っての優勝。
いまだ議論されることもある執拗な反則行為と予選から決勝まで大会方式の穴をついだドイツは・・・

とかなり話がそれてしまいましたね〜。

んて、優勝メンバーのその選手の名前をとって「フリッツ・バルタースタディオン(スタジアム)」と命名されたそうです。

2006年ワールドカップドイツ大会で日本対オーストラリアが開催された会場でもあります。

2006年のワールドカップ以前にこのスタジアムに通い詰めた数少ない日本人だと自負しております!!

東ドイツ出身でケムニッツから移籍したミヒャエル・バラック

のちにバイエルンミュンヘンやチェルシーで活躍し、ドイツ代表でも2002年日韓ワールドカップにも出場。
小皇帝なんて呼ばれていましたね。

1998フランスワールドカップ優勝メンバー 元フランス代表のユーリ・ジョルカエフ

元フランス代表のユーリ・ジョルカエフもこのチームにいたことがあります。
元フランス代表として1998年地元フランスで開催されたワールドカップの優勝に貢献。

2000年にオランダとベルギー共催で行われたEuro、ヨーロッパ選手権の優勝メンバーでもあります。

ASモナコや長友佑都選手も在籍したインテルにいたこともあります。

ワールドカップ歴代最多得点記録保持者 ミロスラフ・クローゼ

2000-2001年シーズンにチームが低迷していた時に2軍から召集され、一躍大活躍することになるミロスラフ・クローゼもこのクラブ出身。

ドイツ代表最多当店記録、ワールドカップ最多当店記録、など数々の記録を残すレジェンド的プレーヤーにまでなりました。

彼はこのクラブに在籍していたこともあるんです。

あ、最後に監督についても書いておきます。
1996-1997シーズンに2部リーグに合格したカイザースラウテルンを1部に復帰させ、その翌年の1997-1998シーズンにブンデスリーガ一部に昇格したばかりのチームを優勝させるという離れ業をやってのけました。
2000-2001年シーズンにチーム低迷の責任をとって退任することになります。
クローゼの登場の直前だったと思います。

その後ギリシャ代表監督に就任し、ユーロ2004では開催国のポルトガルに開幕戦と決勝で2度も破るという離れ業をここでも披露。

ユーロ2004ポルトガル大会の優勝監督になりました。

FC今治も自前の出身選手と有望選手を獲得してほしい

とここまでFC今治と関係のない事を散々書いちゃいましたね。

FC今治も選手、監督にも有望選手の獲得や愛媛出身、今治市、西条市、新居浜市、四国中央市の「東予」出身の自前の選手を育てて欲しいなぁと思って書きました。

松山市に本拠を置いている愛媛FCは「中予」と呼ばれています。
松山市は愛媛の県庁所在地。

争うわけではないですが東予を盛り上げるために東予から名選手が出て来ればいいなと思います。

まとめ

スタジアム

と最後はムリやり話をFC今治に話をこじつけました(^^;;

FC今治で育った選手が海外で活躍すればいいなぁと今から妄想しています。

海外移籍はいいけど国内のJリーグの強豪チームに行かないで、とか書いてこの記事は終わりです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。