当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。

J3昇格を目指しJFLのリーグ戦を戦っているFC今治。
セカンドステージ大7節ヴァンラーレ八戸対FC今治に負けた時点で今シーズンの昇格はなくなったと落胆していました。
しかしこの試合の後からなんと3連勝!!

もしかしたら何かが起こる、奇跡が起こる可能性を信じ始めています。

4連勝を目指しアウェイでラインメール青森との対戦、今治の大丸跡地のどんどビジョンで開催されたパブリックビューイング「PV」も盛り上がりました。

FC今治対ラインメール青森の試合結果

2018年10月21日(日)FC今治はアウェイ戦の新青森県総合運動公園球技場「新青森球」で天敵ラインメール青森と対戦。

天敵というとホームで逆転負け、昨年もラインメール青森に対してFC今治にとってよいイメージがないんですよね。

ところが心配をよそにFC今治は前半7分に有間潤選手が先制。
17分には玉城峻吾選手がゴール、37分には三田尚希選手からのパスを受けた有間がドリブルで持ち込みゴール!
前半はFC今治が3点リード。
後半にも有間選手がゴールを決め、ハットトリックを達成!!

ラインメール青森に1点を返されますが結果は4-1でFC今治の快勝。

これでFC今治は年間通算勝ち点42で4位まであと少しと迫りました。

セカンドステージ第11節終了時点での順位表

セカンドステージ順位表

順位 チーム名 勝点 試合
勝利 引分 敗戦 得失
点差
H A H A H A 得点 失点
1 Honda FC 33 11 11 5 6 0 0 0 0 0 0 +22 25 3
2 MIOびわこ滋賀 24 11 7 3 4 3 1 2 1 0 1 +10 17 7
3 ヴァンラーレ八戸 21 11 6 3 3 3 1 2 2 2 0 +8 12 4
4 FC今治 20 11 6 3 3 2 1 1 3 1 2 +10 23 13
5 テゲバジャーロ宮崎 19 11 5 1 4 4 4 0 2 1 1 0 15 15
6 東京武蔵野シティFC 18 11 5 5 0 3 1 2 3 1 2 +11 24 13
7 ヴェルスパ大分 18 11 5 2 3 3 1 2 3 2 1 +1 12 11
8 ソニー仙台FC 16 11 5 3 2 1 1 0 5 2 3 0 23 23
9 FCマルヤス岡崎 14 11 4 2 2 2 0 2 5 4 1 -2 8 10
10 ラインメール青森 12 11 3 1 2 3 3 0 5 3 2 -6 14 20
11 奈良クラブ 11 11 2 1 1 5 2 3 4 2 2 -1 5 6
12 FC大阪 11 11 3 1 2 2 2 0 6 2 4 -3 13 16
13 ヴィアティン三重 11 11 3 2 1 2 1 1 6 2 4 -7 17 24
14 ホンダロックSC 10 11 2 0 2 4 1 3 5 3 2 -4 12 16
15 流経大ドラゴンズ龍ケ崎 7 11 2 0 2 1 0 1 8 5 3 -13 10 23
16 コバルトーレ女川 0 11 0 0 0 0 0 0 11 7 4 -26 5 31

次節HondaFCが勝ちで対象チームであるMIOびわこ滋賀が引き分けか負け、もしくはHondaFCが引き分けでびわこ滋賀MIOが負けるとHondaFCのセカンドステージ優勝が決定します。

ファーストステージと合わせて完全優勝、JFL3年連続優勝、3連覇となります。

東京武蔵野シティFCは優勝阻止を虎視眈々と狙っています。

ちなみに勝ち点でもう追いつけるチームはありません。

強い!強すぎる!!!HondaFC!!

年間通算順位表

順位 チーム名 勝点 試合
勝利 引分 敗戦 得失
点差
得点 失点
1 Honda FC 71 26 23 2 1 +47 67 20
2 ヴァンラーレ八戸 46 26 13 7 6 +17 35 18
3 FC大阪 45 26 14 3 9 +12 45 33
4 東京武蔵野シティFC 43 26 12 7 7 +14 45 31
5 MIOびわこ滋賀 43 26 12 7 7 +8 33 25
6 FC今治 42 26 12 6 8 +22 51 29
7 ソニー仙台FC 40 26 12 4 10 +12 53 41
8 奈良クラブ 36 26 10 6 10 +1 27 26
9 ラインメール青森 34 26 9 7 10 -6 32 38
10 ヴェルスパ大分 33 26 9 6 11 -10 25 35
11 ヴィアティン三重 31 26 8 7 11 -9 35 44
12 テゲバジャーロ宮崎 28 26 8 4 14 -16 35 51
13 FCマルヤス岡崎 27 26 7 6 13 -11 29 40
14 ホンダロックSC 27 26 6 9 11 -16 25 41
15 流経大ドラゴンズ龍ケ崎 18 26 4 6 16 -20 18 38
16 コバルトーレ女川 15 26 4 3 19 -45 14 59

一時はもうダメかと思われたFC今治の年間通算順位4位以内。

順位はまだ6位ですが、上位チームとの勝ち点差が1となりました。

しかも次節の試合は以下のような組み合わせ。

  • 東京武蔵野シティFC vs Honda FC
  • ヴァンラーレ八戸 vs MIOびわこ滋賀

上位チームの潰し合いになります。

まとめ

次節の上位対決の結果次第、
ではなく次の試合FC今治はやはり勝つ事が最低条件。

次の試合も年間通算順位が変わらない可能性もあります。

FC今治は次節の流経大ドラゴンズ龍ヶ崎の後、東京武蔵野シティFC、MIOびわこ滋賀との試合があります。

年間通算順位4位以内を争う直接対決になります。

直接対決に挑む前に次も価値が必須!

昇ろうJ3

頑張れFC今治!!!!